2018年 10月 22日 (月)

木下優樹菜、ファンの指摘に切れる? 料理写真を巡る異例の応酬が話題に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   モデルでタレントの木下優樹菜さん(26)が画像共有サイトに投稿した料理写真を巡り、コメントしたファンとの間にひと悶着があった。あるコメントが気に障ったようで、画面のスクリーンショットを投稿してファンのアカウントごとさらしあげた。

   木下さんとファンはすでに「和解」しているようだが、ネット上では「沸点低すぎるだろ」「大人げない」などといった意見も出ている。

ファンのページにもわざわざ書き込み

木下優樹菜さんの料理写真、「赤と緑」足りない?(画像はスクリーンショット)
木下優樹菜さんの料理写真、「赤と緑」足りない?(画像はスクリーンショット)

   木下さんは2014年1月10日、「昨夜飯 ひさびさにごはんつくったw」として腕を振るった料理の写真を画像共有サービス「Instagram(インスタグラム)」に投稿した。ごはん、ブリの照り焼き、ニンジンのマリネ、きんぴらレンコンを一枚の木皿に盛り付け、その横にはアオサを入れたという味噌汁が置かれている。さっそくファンからは「おいしそう!」「料理ほんと上手」といったコメントが数多く寄せられた。ところが、木下さんはその中にあった「おいしそ~やけど皿に緑と赤が足りないね!」とのコメントに目をつけた。

   このファンは赤・緑・黄の食品群バランスではなく、料理の色合いが全体的に似通っていることを指摘したようだが、「おいしそう」と言っている通り、ちょっとしたアドバイスのつもりでコメントしたのだろう。ところが木下さんは「ごはんのせたらダメ出しきた…赤と緑たりなくてごめんなさいww 爆笑!」として、このファンのコメント部分をスクリーンショットした画像を投稿。アカウント名ごとフォロワー全員に公開した。

   同時に、コメントしたファンのページにも訪問して「皿に緑と赤がたりなくてごめんね」と皮肉めいた書き込みを残した。こうした行動に一部から批判がきたのか、その後のコメントでは「これからは言い返しません!約束!ただ!嫌いならフォローしないでください。!見ないでください!以上!」とも発言している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...