2020年 1月 27日 (月)

ユニクロ、競合ブランドから凄腕人材「引き抜き」 海外市場攻勢のため外国人相次いで役員登用

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   カジュアルウェアの「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、H&MやGAPといった競合するグローバルブランドから引き抜いてきた人材を、相次いでグループ執行役員に抜擢した。経営体制の強化と事業拡大を目指すという。

   世界のアパレル業界の第一線で活躍する人材をマネジメントチームに登用することで、北米をはじめとするグローバル市場で攻勢をかけ、成果を上げていく。

北米市場でGAPやFOREVER21に対抗? ショッピングモールに出店攻勢

ユニクロは海外市場の強化で役員・幹部に外国人を積極登用(画像は「ユニクロ」のホームページ)
ユニクロは海外市場の強化で役員・幹部に外国人を積極登用(画像は「ユニクロ」のホームページ)

   4人の経歴は錚々たるもので、そろって「凄腕」のエキスパートとされる。

   ユニクロのデザインを統括するチーフ・クリエイティブ・オフィサー(グローバル デザイン担当)に就いたリアン・ニールズ氏は、Calvin KleinやBanana Republic、 Theory、GAPでデザインの経験を積んだ後、American Eagle Outfittersでチーフ・デザイン・オフィサーなどを務めた。

   ユニクロのEコマース・グローバル・CEO、ジョン・フレミング氏はWal‐Mart Stores, Inc.のエクゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・マーチャンダイジング・オフィサーで商品、サービス、Eコマース事業を統括。米国ユニクロのチーフ・マーチャンダイジング・オフィサーに就いたスティーブン・セア氏は、Banana Republicのマーチャンダイジングや事業開発などで20年以上も米国のアパレル業界に携わってきた。

   ロンドンと東京を拠点に、ユニクロのマーケティング事業を統括する、チーフ・マーケティング・グローバル・オフィサーのヨルゲン・アンダーソン氏はH&Mスイスの最高経営責任者(CEO)で、H&Mブランドのチーフ・マーケティング・オフィサーなどを歴任した人だ。

   こうしてみると、なにやらGAPやFOREVER21への対抗意識がうかがえるようにも思えるが、ファーストリテイリングは、「そういった意識はありません」という。

   とはいえ、2013年12月には米国事業の新しいCEOに、米FOREVER21で10年以上エグゼクティブ・バイス・プレジデントなどを務めていたラリー・マイアー氏を昇格させたことも、北米対策とみる向きがある。

   米国ユニクロは現在17か店を出店。最近はショッピングモールなどへ出店攻勢をかけており、2013年9月末時点の7か店からわずか4か月で10か店も出店できたのは、「マイヤー氏の手腕」ともいわれる。

   さらに、2014年前半はペンシルベニア州やコネチカット州などに5か店の出店を予定。14年後半には「未出店」エリアのボストンやロサンゼルスへの進出を計画している。

   ファーストリテイリングは、「年間20か店前後の出店ペースを維持できれば、当初目標としていた『2020年、100か店』も可能」とみている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中