2018年 7月 22日 (日)

森喜朗氏「外国語はかつて敵国語」 ソチで語学力問われ

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が2014年2月9日、ロシア・ソチで記者会見を開いた。

   森喜朗会長(76)が日本語で話したことで、語学力が乏しいのではないかと外国人記者から厳しい質問を受けたが、森会長は「私の世代はよほど特別に勉強した方じゃないと外国語をよく理解しない。かつては敵国語で、外国とは付き合いもなかった」と答えた。

   共同通信の報道によると、出席した外国人記者からは「敵国語とは不快な表現だ」「ジョークだと言えば笑い話で済んだが、そうではなかった」と戸惑いの声が上がったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中