2020年 1月 18日 (土)

「浅田真央 やっぱり失敗しそう」と実況中継 KBSアナに批判殺到、韓国大手紙が異例の報道

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

東亜日報「中立性を大きく失った中継」

   東亜日報は、

「中立性を大きく失った中継を継続した」
「KBSは公営放送という点で、趙アナの中継コメントはひどかった」

と論評。中央日報、朝鮮日報、京郷新聞など大手紙も、ネット上で趙アナへの批判が寄せられていることを「『偏向中継』に非難」といった見出しで報じている。

   実際、京郷新聞の記事のコメント欄は、

「分別のない新人アナウンサーと思ったら、何と1959年生まれ。5年で還暦だが、韓国を代表する放送でそのような中継しかできないのか」
「それが愛国だと思う姑息な人間だ」

といった具合で、かなり怒っているようだ。

   ただ、今回のような韓国メディアやネット利用者の反応は、あくまで例外に過ぎない可能性もある。団体の女子SPには韓国は出場しておらず、韓国の視聴者は浅田選手とキム・ヨナ選手を比較して一喜一憂していた訳ではないからだ。両選手は2月19日に行われる個人戦のSPで直接対決する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中