北海道で今夜「ホワイトアウト」襲来か 右も左もわからなくなる恐怖の猛吹雪

印刷

   低気圧の影響で東北と関東甲信では大雪となったが、この低気圧が北海道も襲っていることがわかった。

   日本気象協会によると、2014年2月17日から18日にかけて、北海道東部で「ホワイトアウト」が起こるおそれがあるという。

13年3月の大雪と同程度の荒れ模様

猛吹雪のイメージ写真
猛吹雪のイメージ写真

   気象予報士の相原恵理子さんが、日本気象協会の公式サイト「tenki.jp」で警鐘を鳴らしている。

   「ホワイトアウト」とは、「右も左もわからず方向感覚を失うほどの猛吹雪」のこと。北海道東部で9人の犠牲者が出た13年3月の気象状況と同程度の荒れ模様になるという。

   瞬間的に30メートルを超える暴風が吹き荒れるおそれがあるうえ、降雪をともなっているため、見通しが利かない猛吹雪や地吹雪が起こる可能性がある。

   相原さんは外出を控えることを推奨しているが、どうしても外出しなければならない場合は、

「車に防寒着、カイロ、長靴、スコップ、懐中電灯、携帯ラジオ、軍手、非常食などを準備しておきましょう。燃料が十分に残っているかの確認もしておきましょう」

とアドバイスしている。

   移動中に急に吹雪に襲われた場合はこうだ。

「不用意に車から離れずに雪と寒さをしのげる場所で身の安全を確保してください。※車から離れて道の駅やガソリンスタンド、近くの商業施設などに避難する際は、フロントガラスの内側などの見える所に、携帯電話の番号など連絡先をメモしておきましょう。車が雪に埋まったときはエンジンを停止してください。※マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を引き起こすおそれがあります」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中