2018年 7月 20日 (金)

「経常収支が赤字に転じたら危険信号」甘利経済再生相が参院予算委で

印刷

   甘利明経済再生担当相は、経常収支に関して、「赤字に転じたら危険信号であり、黒字である方がいいことは間違いない」との認識を示した。2014年3月3日午後の参議院予算委員会で、自民党の伊達忠一委員の質問に答えた。

   甘利経済再生相は、貿易赤字が続いていることにはさまざまな理由があるとしたうえで、「経常収支が赤字になると危険信号だ。国内の財政資金を海外に依存しなければならない。国債の評価に影響してくる」と指摘。「政府は財政再建の見通しを示すことで国債の信頼が揺るがないように対処するが、経常収支は黒字であるほうがいいことは間違いない」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中