2019年 9月 23日 (月)

タモリは「首相動静」に載るか?「安倍氏いいとも出演」 みのもんたは無視され怒った過去

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   安倍晋三首相が2014年3月21日放送の「笑っていいとも!」に生出演し、司会のタモリさんと軽快なトークを繰り広げた。32年間続いた番組の歴史のなかで、現役首相が登場したのは初めてだ。

   タモリさんは「明日の新聞の『首相動静』に載りたい」と大ハッスル。実は1年ほど前、「いいとも」に出演した「大物司会者」が、ある首相と会食したのに翌日の新聞に載らなかったとタモリさんに愚痴をこぼしていたのだ。

「タモリと会食」と載せてほしい

会見で見せる表情とは違い、「いいとも!」ではリラックスムードだった安倍首相
会見で見せる表情とは違い、「いいとも!」ではリラックスムードだった安倍首相

   首相との会話の中で、タモリさんは前日3月20日の首相動静(21日付新聞各紙)について触れた。「午前中に十数人、午後は国会もありながらだいたい15人会っているんですね」と驚くと、首相は「書かれているのは、役所では局長以上で、若手を含めるともっといますよ」と返す。麻生太郎副総理兼財務相と午前、午後それぞれ数分しか会っていなかったことから、「麻生さん嫌いなんですか」(タモリさん)「いえいえ、お互い家が近いので、長い話もしますよ。嫌いだからバイバイ、ではありません」(安倍首相)と笑いながらやり取りする場面もあった。

   トークも終盤になって、タモリさんが「明日の首相動静に『笑っていいとも、タモリと会食』と載せてほしいから」と、おもむろにイチゴを運ばせ「一緒に食べましょう」と促した。安倍首相も応じ、ふたりでイチゴをほおばっていた。

   主要紙朝刊は、前日の首相の行動や面会した人を中心に動静を報じる。例えば同行者の名前など、基本的に同じ情報が載っているものの、どこまで詳細に報じるかは新聞によって微妙に異なる。今回の「いいとも出演」を載せるか載せないかは、新聞社によって判断が異なることもありうる。

   実は別の司会者にも、過去に似たようなチャンスが訪れていた。みのもんたさんだ。本人が愚痴交じりにその舞台裏を打ち明けた番組が、2013年5月6日放送の「笑っていいとも!」だったのだから、何かの因縁だろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中