2018年 7月 19日 (木)

千葉大、4万7000人分の個人情報流出 名簿や成績など

印刷

   千葉大は2014年4月23日、教育学部の男性教授の自宅パソコンから学生の個人情報がネットに流出したと発表した。学生名簿や成績、教授の所属する学会会員のクレジットカード番号など、約4万7000人分の個人情報が外部から閲覧できる状態になっていた。教授が研究室のハードディスクを無断で自宅に持ち帰り、セキュリティー設定を適切に行わなかったため。個人情報が悪用されたという連絡は届いていないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中