みんなの党が調査報告書 渡辺前代表、DHC以外から6億円以上借入

印刷

   みんなの党の渡辺喜美前代表が化粧品大手ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長から計8億円を借りていた問題で、党の調査チームが2014年4月24日、報告書を公表した。報告書によると、渡辺氏は吉田氏以外にも計5者から計6億1500万円を借り入れていた。この5者が何者かについては「プライバシー」を理由に開示されなかった。4月24日時点で、1億4500万円が未返済だという。

   一方、報告書では、吉田氏からの8億円については、公職選挙法や政治資金規正法に違反する事実は認められなかったとした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中