2019年 12月 15日 (日)

「シンゾウ」と呼ばれなかった安倍首相 オバマ大統領、実はTPP問題で怒っていた?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2014年4月24日に行われた安倍晋三首相とオバマ米大統領による共同記者会見を受け、双方の「呼び方」に注目が集まっている。

   「シンゾウ」と「バラク」――。会見中、何度も「バラク」と呼びかけた安倍首相に対し、オバマ大統領は「プライムミニスター・アベ(安倍首相)」を多用していたのだ。

「シンゾウ」と呼ばれず、「オバマ大統領」に変更

「バラク」と呼びつづけた安倍首相
「バラク」と呼びつづけた安倍首相

   オバマ米大統領はアジア4か国歴訪の最初の訪問地として、23日に日本に到着した。23日夜、安倍首相はオバマ大統領を夕食に招待し、東京・銀座の高級すし店で「おもてなし」して親密ぶりをアピールした。オバマ大統領は店の前で出迎える安倍首相に「シンゾウ!」と呼びかけ、握手しながらあいさつ。両首脳の会談は和やかに幕を開けたと思われた。だが、翌日24日の首脳会談後に行われた共同記者会見では、親密になりきれない2人の「距離感」が浮き彫りとなった。

   安倍首相は会見の中で、

「バラクと私がホワイトハウスで初めて会ったのは昨年の2月になります」
「バラク、あなたは昨夜のおすしを人生の中で一番おいしかったと評価していただきました」
「ぜひ、バラクと私でこれまでで一番良好な日米関係を築いていきたい」

と、オバマ大統領を何度もファーストネームで呼んだ。冒頭の発言までで「大統領」「バラク・オバマ大統領」などと呼んだのは数回だったのに対し、「バラク」は9回に及んでいた。オバマ大統領の方に体を向け、にこやかに話しかける一幕もあった。

   ところが、オバマ大統領が「シンゾウ」と呼んだのは聞き取れる範囲でわずか1回のみ。ほぼ一貫して「プライムミニスター・アベ」で通していたのだ。それに気づいたためか、その後の質疑応答では、安倍首相も「オバマ大統領」と呼ぶようになっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中