2019年 9月 17日 (火)

世界遺産登録、富岡製糸場は「元祖ブラック企業」 ちきりん氏の指摘ははたして正しいのか

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2014年6月にユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなった群馬県の「富岡製糸場」について、「Chikirinの日記」で知られる人気ブロガーのちきりんさんが「元祖ブラック企業」と評し、インターネット上で話題になっている。

   発言に関しては「認識違い」だとの反論も少なくないが、実際、富岡製糸場の労働環境はどのようなものだったのだろうか。

働いていたのは「本当にエリートのお嬢様」?

ちきりんさんの指摘に賛否(画像はちきりんさんのツイート)
ちきりんさんの指摘に賛否(画像はちきりんさんのツイート)

   ちきりんさんは4月26日、「富岡製糸場って『元祖ブラック企業』じゃん。それが世界遺産になるってことに、ブラック企業撲滅運動系のみなさんは、どんなご意見をお持ちなのかな。やっぱり『絶対反対!』運動を始めるのかな?」とツイートした。

   すると、フォロワーからは「私もネガティブなイメージしかなくて、世界遺産ときいてびっくりしました」「当時、多くの女工さんが過労で倒れ、近くのお寺の墓地に沢山のお墓があるそうです」などと同調する意見が寄せられる一方で、「それは野麦峠(編注:女性工員の過酷な労働環境を描いた作品「あゝ野麦峠」)の製糸工場で、富岡製糸工場にはエリートのお嬢様しか入れず、かつ労働環境も快適だったそうです」「富岡製糸場の女工さんはある意味『勝ち組』エリートだったかと」などと、反論する声も相次いだ。

   こうした指摘に、ちきりんさんは「そーなんだー! でも、それは本当にエリートのお嬢様だったのかしらん??」「っていうか、富岡市&製糸場としては全力で『決してブラックではありませんでした!!!』ってことにしたいんだろうと思います」との見方を示した。また、当時の「エリート」についても「明治の頃、富岡製糸場で働いてた女性もエリートなら、同時代にアメリカに留学して教育者となった津田梅子(津田塾の創始者)もエリートなわけで、どんな人をエリートだと理解するかは、人によって違うってことでしょう」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中