2018年 7月 16日 (月)

トンデモ本を扱う「と学会」会長が引退

印刷

   超常現象や疑似科学などの「トンデモ本」を批判的に扱う団体「と学会」の会長を務めていたSF作家の山本弘氏が、2014年4月11日付で会長を引退、同会からも脱退した。30日のブログで明らかにした。

「詳しい事情は外部には話せませんが、一言で言えば『きつくなってきた』ということです」「近年はただ楽しいだけじゃなく、嫌なことも多くなってきて、ストレスがたまってきてた」

と理由を説明している。今後も疑似科学ウォッチャーとしての活動は「超常現象の懐疑的調査のための会(ASIOS)」で継続する意向で、その他ノンフィクション本も出してくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中