2018年 7月 22日 (日)

マクドナルドが東電を提訴 放射能で3店舗が閉店した

印刷

   日本マクドナルドホールディングスと傘下の会社が東京電力に対し約7080万円の損害賠償を求めて福島地裁に2014年5月19日までに提訴した。

   福島第1原発事故の影響で福島県内の3店舗が閉店を余儀なくされ、ロイヤルティー収入(加盟料など)が失われたという理由からだ。富岡町、浪江町、南相馬市の店舗のうち浪江町の店舗では設備や備品が放射能物質に汚染され、すべて使えなくなったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中