2019年 10月 18日 (金)

フジテレビ、来月の株主総会が怖い! 不振の責任追及、「ドン」にも及ぶのか?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   在京民放キー局5社の2014年3月期決算で、フジテレビが「ひとり負け」となった。1社だけ大幅減益となったのだ。

   主力の放送事業で、ヒット番組に恵まれない。バラエティーでは長寿番組「笑っていいとも!」終了後の新番組が低視聴率で、ニュースになるほどだ。こうした状況で、1か月後に開かれる株主総会では、株主が経営陣に「ある要求」を突き付けるとの報道もある。

「バイキング」視聴率2%、「月9ドラマ」も低調

大ヒット番組が欲しいところ
大ヒット番組が欲しいところ

   フジ・メディア・ホールディングスが2014年5月15日に発表した2013年度決算を見ると、連結最終利益は前年度比44.8%減の172億8200万円と大きく落ち込んだ。フジテレビ単体でも同34.7%減と厳しい結果だ。広告収入のマイナスが原因だという。事業単位別では、フジテレビとニッポン放送、BSフジを合わせた「放送」の売上高が前年度比1.5%減、営業利益は同28.3%減とこれまた大きく減らしている。グループの屋台骨を支える事業だけに、影響は少なくないだろう。それでも2014年度は放送事業の営業利益が前年度比21億円プラスと強気な予想。フジテレビは「堅調な広告需要が見込まれる」という。

   だが足元を見ると、決して楽観視できる状態ではなさそうだ。最近話題なのが、「笑っていいとも!」の終了を受けて始まった「バイキング」の不人気ぶり。4月25日の視聴率は2.1%を記録した。また「笑っていいとも!増刊号」を放送していた日曜朝10時の枠は、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんがコメンテーターを務める「ワイドナショー」を持ってきたが、これも視聴率が5%を切る低空飛行となっている。5月19日付「NEWSポストセブン」は、この視聴率の低さが、日曜正午スタートの番組「ウチくる!?」にも伝染しており、番組編成に一貫性が見られないのが原因と指摘した。

   ドラマも伸び悩む。看板の「月9ドラマ」は、現在放送中の「極悪がんぼ」が10%をたびたび割り込んでいる。ほかの曜日も、高視聴率をキープしている「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)などと比べると話題性は乏しい。

   番組を巡るトラブルも起きた。バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」で5月3日、STAP細胞の論文不正が問題となった理化学研究所の小保方晴子氏をパロディー化した「阿呆方さん」というキャラクターのコントを放送する予定だった。だが小保方氏の弁護士がフジに抗議文を送ったことを明らかにし、結局放送は見送られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中