横浜市、「待機児童ゼロ」継続できず 転入者増加で

印刷

   横浜市は2014年5月20日、保育園の空きを待つ待機児童が4月1日時点で20人だったと発表した。13年は待機児童ゼロを達成したが、2年連続ゼロにはならなかった。認可保育所への申込者が5万2932人となり、前年比4114人増で過去最高の増え幅を記録した。待機児童ゼロがメディアで報じられたことで、転入者が増えたのが原因とみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中