羽生善治、史上初3回目の名人復位

印刷

   将棋の第72期名人戦7番勝負は2014年5月21日、第4局の2日目が行われ、挑戦者の羽生善治三冠(43)が森内俊之名人(43)を111手で破り、4連勝で4年ぶり通算8期目の名人位を奪取した。3回目の名人復位は史上初となる。

   羽生新名人は対局後、「難しい将棋も多かったのでこういう形(4連勝)でいけたのは幸運だった」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中