2018年 7月 17日 (火)

AKB握手会ノコギリ事件、戸賀崎氏が説明 「手ぶらの男が凶器をジャンパーの内側から…」

印刷

   2014年5月25日に岩手・滝沢市で行われたAKB48の握手会で、メンバーの入山杏奈さんと川栄李奈さん、スタッフの1人が男にノコギリで襲われ負傷した事件は、ファンのみならず日本中に衝撃を与えている。

   AKB48グループカスタマーセンター長の戸賀崎智信氏は5月26日朝、Google+で事件の詳細を説明した。

48Gのコンセプトについて「抜本的な改革をしなければ」

戸賀崎氏の投稿
戸賀崎氏の投稿

   戸賀崎氏の説明は以下の通り。

「事件につきましては、既にニュースにもなっているように大島涼、高城、倉持、入山、川栄の第6レーンにて、手荷物を何も持っていない犯人が、突然、入山、川栄の前で凶器をジャンパーの内側から取り出し二人に切りつけました。そばにいたスタッフが犯人が振りかざした凶器を素手でつかみ、メンバーを守ろうとしましたが、犯人はそれを振り払い、川栄、入山を、襲いました。川栄、入山ともに、手と頭などを負傷し、二人を、身を挺して守ろうとしたスタッフも手に怪我をしました。病院に搬送された後は、医師のみなさんの適切な対応で手術を行っていただき、意識もはっきりしておりますので、ご安心ください」

   また、48グループの「会いにいけるアイドル」というコンセプトについて「抜本的な改革をしなければならない」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中