2018年 10月 18日 (木)

変わる清涼飲料の賞味期限表示 「年月日」から「年月」へ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   食品や飲料品を購入する際に多くの人が確認する賞味期限。その表示が変更される。

   飲料メーカーやスーパー、卸などで作る日本TCGFは3日、缶コーヒーやお茶など清涼飲料の賞味期限表示を「年月日」から「年月」に順次変更すると発表した。

   賞味期限が製造日から1年以上の商品を対象とする。

   昨年5月から大手飲料メーカー5社は国産ミネラルウォーターの2リットルペットボトルの賞味期限表示を「年月」へと切り替えていたが、今回それをより多くの商品に拡大する。商品配送回数を減らすことで二酸化炭素(CO2)排出量の削減、小売店での廃棄ロスや在庫管理の負担軽減につなげるのが狙い。

   キリンビバレッジの缶コーヒー「ファイア」やサントリー食品インターナショナルの缶コーヒー「ボス」「ウーロン茶」などの商品が6月出荷分から順次切り替えられる予定。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...