北朝鮮に「特定失踪者」名簿を提出 菅官房長官

印刷

   菅義偉官房長官は2014年6月8日朝放送されたフジテレビの番組で、北朝鮮が拉致被害者の再調査を約束したことに関連して、政府が認定している拉致被害者以外に拉致の疑いが否定できない「特定失踪者」の名簿も外交ルートを通じて北朝鮮側の提示したことを明らかにした。特定失踪者の数は約470人にのぼる。

   菅氏によると、北朝鮮から調査結果の報告を受け次第、日本政府からも調査団を派遣して報告内容を精査する計画だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中