2019年 6月 19日 (水)

「パクリ批判ボケ」がニュース記事になった 手塚治虫パロディー漫画家に予想外の「マジレス」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   モバゲーで配信されている「スカイロック」というソーシャルゲームをご存知だろうか。「神の血を引く五つ子たちが魔者を駆使して冒険する」という設定のロールプレイングゲーム(RPG)だ。

   このゲームのキャラクターデザインに対し、「ドラゴンボール」などで知られる漫画家・鳥山明さんの絵に似ていると、漫画家の田中圭一さんがツイッターで批判的に指摘した。ツイートは話題になりネットメディアにも取り上げられたが、実は田中さん、「手塚治虫のパロディーエロ漫画」を描いている漫画家だ。自分を棚に上げた批判という「ネタ」に予想外の「マジレス」が寄せられてしまっている。

「鳥山明さんへの冒涜だし、訴えられればいいと思う」

田中さんのツイート
田中さんのツイート

   「スカイロック」のキャラクターデザインは、漫画家の幹大樹さんが。ストーリーは映画「ドラゴンボールZ 神と神」などを手がけた脚本家・渡辺雄介さんが担当した。

   この「スカイロック」に対し、田中さんは2014年6月10日、以下のツイートを投稿した。

「島本和彦さん(編注:漫画家)の『炎の転校生』で一番の名言は、自分の非を棚上げして他人の非を責める時の『心に棚を持て!』だと思う。ところで、話は変わるがモバゲーのスカイロック?だっけ?・・・あのゲームのキャラクターデザイン、誰が見ても鳥山明さんにしか見えないけど別人なんでしょ?マジ有り得ない!」

   このツイートに「居酒屋で隣で呑んでた人が『鳥山明ってこんな仕事もしてるんですね』って見せられたのが話に出たそれで、割とそう思ってるそのゲームをプレイしている人はいるんじゃないですかねー」というリプライが寄せられ、田中さんは「ひどい話だよね」と反応。さらに「これって著作権法的にどうなんでしょう?」という質問には、「絶対アウトだし、それ以前に鳥山明さんへの冒涜だし、訴えられればいいと思う」と辛らつにコメントした。

   一連のツイートは6月11日、ネットメディアで「田中さんがスカイロックを痛烈批判」などと真面目に取り上げられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中