2020年 8月 4日 (火)

「サッカーの起源は中国」、そんなバカな!? FIFAも認めているらしいとネットで物議

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   サッカー・ワールドカップ(2014 FIFAワールドカップ)の開催が2014年6月12日に迫るなか、中国が「サッカーの起源は中国」と主張している、などと国内外のメディアが報じた。FIFAも承認しているのだという。

   この報道はイギリスやイタリアといったサッカー発祥を公言する国で物議を醸しているようで、日本でも「ありえない」「中国も韓国のウリジナル(韓国起源説)病が発症」などと騒ぎになっている。本当にサッカーは中国発祥なのだろうか。

サッカーの商業性を高めるために中国にすり寄った?

え?FIFAも認めた? サッカー中国発祥説(写真はイメージ)
え?FIFAも認めた? サッカー中国発祥説(写真はイメージ)

   毎日新聞(14年6月11日付け)などによると、中国のシ博(しはく)市には歴史博物館があり、所蔵している古地図の中に中国からエジプト、ギリシャ、ローマ、イングランドまで到達する線が描かれたものがある。それは「斉時代の蹴鞠(けまり)」が西方へ伝わりサッカーに発展した」ことを示すもので、サッカーは中国起源を主張するものだという。そしてFIFAのブラッター会長が認定証を送ったのだそうだ。

   これに対しイギリスではモノを蹴って遊ぶ行為は世界中の民族で見られることであり、サッカーのルールが成立したのは19世紀の英国だと反発している。また、サッカーの商業性を高めるために中国にすり寄ったとブラッター会長を揶揄する専門家もいる、と主張している。

   ネットではサッカーが中国発祥だとはにわかには信じられないとして、

「サッカー弱小国が元祖って・・・バカじゃねえのw」
「世界妄想発祥地綱引き選手権・・・・中国VS韓国・・・」
「少林寺サッカーは、しっている」

などといった書き込みが出ている。

   サッカー発祥の地については諸説あり、イタリアは8世紀前から行われていたボールを蹴りあって賞金を懸けた「カルチョ」こそが起源と主張。イングランドは8世紀頃に戦争で敵国に勝つと負けた将軍の首を切り取り、蹴って戦争の勝利を祝う風習がサッカーの起源としている。それでは中国はどうなのか。

   実は、今回の報道にネットではFIFAが認めているのは周知の事実だ、と主張している人が少なからずいる。04年にブラッター会長が中国を訪れ発祥の地として認定したというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中