2018年 11月 17日 (土)

前半得点に「本田さんかっけー」の声あふれる 後半は失速、W杯日本代表黒星スタート 

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   サッカーの第20回ワールドカップ(W杯)で1次リーグC組の日本は2014年6月14日夜(日本時間同15日朝)、「アフリカ最強」とも称されるコートジボワールとの初戦に臨んだ。

   前半に本田圭佑選手のシュートで先制したものの、後半に立て続けに得点を許し、1-2で競り負けた。08年の南アフリカ大会に続く白星スタートはならなかった。

立て続けにヘディングシュート許す

   前半16分、長友佑都選手からのパスを受けた本田圭佑選手が左足で蹴り込み、ゴールキーパーはほとんど動けないままゴールが決まった。コートジボワールはヤヤ・トゥーレ選手を中心にゴールをせめたてたが、得点にはつながらなかった。

   事態が動いたのは後半19分。オーリエ選手が右サイドから右足でクロスボールを打ち、走り込んできたボニー選手がヘディングシュートを決めた。直後の後半21分にもオーリエ選手が同様にクロスボールを上げた。今度はジェルビーニョ選手が頭で合わせ、2点目を許した。その後も、後半17分に投入されたドログバ選手を中心にコートジボワールに主導権を握られたままで、逆転はならなかった。

「本田がいつものショぼい本田に…」

   本田選手は所属する伊ACミランでも不調なままシーズンを終え、何らかの持病が影響しているとの見方も出ていた。これに加えて、首の付け根部分に手術跡らしきものがあり、何らかの手術を受けていたとの臆測も相次いだ。

   テレビ番組のインタビューでの

「夢の中ではね、この4年間で200ゴールぐらい取ってるんですけどね」

といった強気の発言も波紋を広げていた。逆境の中で決めたシュートなだけに、ゴール直後には「本田▲(本田さんかっけー)」という賛辞のツイートがあふれた。だが、後半はボールを奪われる場面も目立ち、

「本田がいつものショぼい本田に…」

といった失望の声が相次いだ。

   日本は5大会連続5回目の出場で、3度目の決勝トーナメント進出を目指す。5月19日(日本時間20日)にギリシャ、24日日(同25日)にコロンビアと対戦予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中