2020年 7月 9日 (木)

サッカー日本代表選手の「啓発本」多すぎる ネットで「サッカーより作家じゃないか」と皮肉が

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本対コロンビア戦が迫る。日本代表は初戦のコートジボワールに負け、続くギリシャに引き分けるなど結果を出せないなか、選手が「出しすぎ」だというあるものが注目されている。

   それは「本」だ。代表メンバーの約半数が出し、2014年に入ってからも続々と刊行されていることから、ネット上では「本書く前に練習しなさい」などといった皮肉まじりの発言も出ている。

長谷部「心を整える。」はベストセラーに

原稿かくより、汗をかけ
原稿かくより、汗をかけ

   代表メンバー23人のうち、「著者」として本を出しているのは11人。もっとも著書が多いのは遠藤保仁選手だ。前大会直前(09年2月)の『自然体~自分のサッカーを貫けば、道は開ける』をはじめ、『明日やろうはバカヤロー』、『信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題』、『眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意』(西部謙司氏との共著)、『サッカーってやつは…。』の5冊を出している。また今野泰幸選手との共著『観察眼』もある。

   反対に寡作ながら、ベストセラー経験があるのが長谷部誠選手だ。11年の『心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣』しか出していないが、その年のベストセラー3位になるほど大ヒットした。『心を整える。』の成功もあって、川島永嗣選手の『準備する力 夢を実現する逆算のマネジメント』、今野選手の『道を拓く力―自分をマネジメントするイメージとは』、長友佑都選手の『上昇思考 幸せを感じるために大切なこと』と自己啓発本は多い。

   長友選手の『日本男児』、内田篤人選手の『僕は自分が見たことしか信じない』、吉田麻也選手の『増刊!マヤニスタ』、『旅するサッカー』、『サムライDays、欧州Days』のようなエッセイもあれば、川島選手の『本当に「英語を話したい」キミへ』や、長友選手の『長友佑都体幹トレーニング20』というハウツー本もある。

   なお『体幹トレーニング』はW杯特需もあって、紀伊國屋書店の月間ランキングで6位、Amazon.co.jpの「本」ランキングでも24位(24日13時現在)と売れている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中