エボラ出血熱 ギニアなどで467人死亡

印刷

   西アフリカで拡大しているエボラ出血熱の感染について、世界保健機関(WHO)は2014年7月1日、ギニアとリベリア、シエラレオネで計759人の感染が疑われ、死者は467人にのぼったと発表した。

   過去最悪の流行を受け、WHOは2日と3日、周辺11か国の保健相とガーナの首都アクラで対策を話し合う緊急会合を開催した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中