2018年 8月 21日 (火)

経団連会長「安全確認された原発は速やかに再稼働すべき」 女川視察で

印刷

   経団連の榊原定征会長は2014年7月8日、現在停止中の東北電力女川原発(宮城県)を視察し、「安全が確認された原発については速やかに再稼働すべき」との考えを記者団に明かした。

   3号機の建屋内や、16年3月の完成を目指す海抜29メートルの新しい防潮堤の工事現場を見学し、「大きな災害があっても耐えられるだけの対応をしているわけですから、早期稼働を認めるという形に動くことを希望したい」と話した。

   「3年前(の東日本大震災発生時)に経験したような電力供給制限になると国民生活にも大きな影響を及ぼすし、日本経済の成長の大きな足かせになってくる」と、原発再稼働の必要性を訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中