2018年 8月 17日 (金)

ヤフー、死亡通知サービス開始 データ削除も

印刷

   ヤフーは2014年7月14日、人生の最期に関するポータルサイト「Yahoo!エンディング」のサービスを開始した。5月から鎌倉新書(東京・中央区)と行っていた「ヤフーの葬儀手配」を拡大したものとなる。

   サービスは「生前準備」と「葬儀手配」、「相続・遺言」などの5つのカテゴリで提供される。死亡時に最大200名にメッセージを送付できる機能や、死亡確認時に電子決済サービス「Yahoo!ウォレット」の課金停止やデータ保管サービス「Yahoo!ボックス」のデータ削除を行うサービスもある。

   利用者の死亡は自治体発行の「火葬許可証」をもとに確認する。死亡後、遺族は「Yahoo!エンディング」窓口から葬儀を手配。葬儀社が火葬許可証の写しをヤフーに送付すると、生前の登録情報をもとにヤフーが死亡確認を行い、生前準備サービスが行われる。メッセージ保管サービスは、月額194円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中