2019年 11月 13日 (水)

韓国での「日本人差別」10年ほど前だった 「あの時そうなら、もっと酷いのでは」
アルピニストの野口健さんに聞く

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   韓国でタクシーに乗ると、「日本人なら車から降りろ」と言われた――。アルピニストの野口健さん(40)がこうツイートしたところ、賛否分かれる様々な反響があった。このことについて、J-CASTニュースに説明したいと野口さんから指定があり、事務所で早速、本人に話を聞いた。

自分の態度が悪かったことはないと思う

アルピニストの野口健さん
アルピニストの野口健さん

――今回、なぜインタビューしてもらおうと思ったのですか? ネット上では、差別話に共感する声も多くありますが、ジャーナリストらから「ウソくさい」などとツイッターで批判されたからですか?

野口 そういうことよりも、ツイッターだと、短い文章しか書けないので、理解されにくいと思いました。以前、J-CASTニュースさんに取材して頂いていましたし、第3者の方に聞いてもらう方が、正確に話が伝わるのではないかと思いました。

――タクシーの件は、日本人だから以外の理由は本当になかったのですか? 例えば、態度が悪いと思われてしまったとかです。

野口 夜、飲みに行った後、韓国語はできないので、手を上げてタクシーを呼び止めました。乗車後に、ホテルのカードを出してそれを読むと、50代ぐらいの男性運転手に日本語で「ニホンジン?」と聞かれました。「そうですよ」と答えたら、「ゴーゴー!」と言って車から降ろされました。車は少し走り出していたので、「金は払え」とジェスチャーで言われましたが、目的地まで乗せてくれなかったわけですから「ノーノー」と言ったら車を急発進させていってしまいました。車の中では、「ホテルどこだったっけ?」と日本語でつぶやいたことはありますが、態度が悪かったことはないと思います。

――釜山のサウナに入ったときも、「日本人か?」と聞かれ、「追放」されたそうですが、詳しくお願いします。

野口 あの「追放」という表現は過剰だったかもしれません。サウナでは、一緒に行ったヒマラヤのシェルパの方と日本語で話していると、お店のお年寄りの方が上手な日本語で「あなたは日本人ですか?」と聞いてきました。こんなことを聞き返す方が悪かったかもしれませんが、「日本語がお上手ですね」「お勉強されたんですか?」と言いました。すると、お年寄りの方は、スイッチが入ったように、「違うよ。あなた方、日本人が教えたんじゃないか!」と怒り出したのです。日本統治時代に強制的に教育を受けたのに、配慮のない言い方だと思ったのでしょう。すると、何が起きたんだと周りが騒ぎ出し、困ったなと思っていると、お年寄りの方が「あなたは出て行きなさい」というので、出て行ったわけです。

――韓国人のお年寄りの方は、周りが騒ぎ出したので、気を利かせてそう言っただけではないですか? 本当に「追放」されたのでしょうか?

野口 それはそうかもしれません。確かに、気を利かせたこともあるかもしれませんね。

――ところで、タクシーやサウナの話は、最近のことなのでしょうか?

野口 タクシーは、2001~03年ごろのことです。韓国で日本人客をタクシーに乗せない運動があったとネット上で情報が寄せられましたが、それはもっと前のことで、その繋がりではないと思います。サウナは、タクシーの数年前のことで、1998か99年ごろだと思います。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中