2018年 7月 19日 (木)

新宿集団昏倒騒ぎはウォッカなどのイッキ飲みだった 明大、日本女子大、サークル「廃部」を決定 

印刷

   2014年6月20日夜、新宿歌舞伎町(東京・新宿区)の路上で若い男女が集団で昏倒している様子がツイッターなどに投稿されて騒動となった一件で、明治大学は関与していたサークルの「廃部」を7月18日、発表した。

   大学公認の他大学合同サークルとして、当該サークルに学生が所属していた日本女子大も同日、サークルの「廃部」を発表した。

未成年が多数参加

   明大によると公認サークルの「クライステニスクラブ」が春学期最終練習後に新宿歌舞伎町の飲食店で他大学合同の懇親会を実施、明大からは学生34名(うち未成年者21名)が参加したという。日本女子大からも、この飲み会に同大の9人(うち未成年8人)が参加していた。懇親会では,未成年飲酒に加えてアルコール度数の高いウォッカやウィスキーのイッキ飲みなど、生命の危険を脅かしかねない過剰な飲酒が行われたという。

   飲食店を退店して旧新宿コマ劇場前に集合した際、泥酔状態に陥っていた女子学生を含む複数名の学生が路上に倒れこみ、その様子を目撃した人が警察に通報、2名の成人男子学生が病院に救急搬送されたという。2名は「アルコールの過剰摂取」と診断されたものの、命に別状はなかったとしている。

   「クライステニスクラブ」は明大より「公認取消」「廃部」処分が下され、廃部後もサークル所属学生98名に対して外部講師が未成年飲酒の防止、アルコールの危険性、適正飲酒の必要性等の講習会を実施するという。厳重注意を受けた学生に対しては「始末書及び誓約書を大学に提出させる」ことを決定したという。

   ちなみに違法薬物や睡眠薬等の使用については認められず、「事件性はない」と判断したとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中