2018年 10月 16日 (火)

小売りや外食の上場企業「パート・アルバイト不足」が70%

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   日本経済新聞社が小売りや外食の上場企業にパート・アルバイトのアンケート調査をしたところ、回答企業の約7割が「不足している」と回答した。景気回復を受けた人手不足は長期化する可能性もあり、業務を縮小する企業も出ているという。

   調査は2014年6月に282社を対象に行ったもので139社から回答を得た。国内のパート・アルバイトの数は約1300万人と雇用者全体の4分の1程度で、今回調査した小売りや外食企業はパート・アルバイトが店舗人員の7割以上を占めている。「不足感がある」と答えたのは67%、「業務に支障が出るくらい 不足している」が3%だった。不足の理由としては複数回答で「新規出店の増加で新たな人手が必要になった」が 65%、「転職などで退職者が増えた」が41%。不足感のある企業の中で解消の見通しが「当面は立たない」「全く立たない」が合計で60%だった。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...