小売りや外食の上場企業「パート・アルバイト不足」が70%

印刷

   日本経済新聞社が小売りや外食の上場企業にパート・アルバイトのアンケート調査をしたところ、回答企業の約7割が「不足している」と回答した。景気回復を受けた人手不足は長期化する可能性もあり、業務を縮小する企業も出ているという。

   調査は2014年6月に282社を対象に行ったもので139社から回答を得た。国内のパート・アルバイトの数は約1300万人と雇用者全体の4分の1程度で、今回調査した小売りや外食企業はパート・アルバイトが店舗人員の7割以上を占めている。「不足感がある」と答えたのは67%、「業務に支障が出るくらい 不足している」が3%だった。不足の理由としては複数回答で「新規出店の増加で新たな人手が必要になった」が 65%、「転職などで退職者が増えた」が41%。不足感のある企業の中で解消の見通しが「当面は立たない」「全く立たない」が合計で60%だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中