2018年 10月 17日 (水)

「安楽死」目的のスイス渡航者、5年で611人

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   安楽死する目的でスイスに渡航する重症患者らの数が急増していることがスイス・チューリヒの研究機関の調査で2014年8月21日までに明らかになった。調査結果は英専門誌ジャーナル・オブ・メディカル・エシックスで発表され、複数メディアが報じた。

   報道によると、2008年に123人だった渡航者は09年には86人に減少したが、12年には172人へと倍増した。急増の理由は不明だが、スイスでは自殺幇助(ほうじょ)が法律で認められており、医師が薬物を処方して、死を希望する患者が自ら使用することが事実上認められている。

   2008年から2012年の5年間では31国から611人が安楽死を目的にスイスに渡航している。平均年齢は69歳で約6割が女性。ドイツと英国からの渡航者が3分の2を占め、半数近くが神経疾患を抱えていたという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...