安倍首相、広島土砂災害の視察を中止

印刷

   首相官邸は2014年8月24日、安倍晋三首相が同日に予定していた広島市の土砂災害現場の視察を中止すると発表した。広島市の天候が悪く、現場で混乱が生じる可能性があるためとしている。

   報道によれば、首相は自衛隊のヘリコプターに乗って土石流の被害状況を視察するほか、湯崎英彦広島県知事らとの意見交換、政府の現地対策本部の訪問などを行う予定だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中