夏の高校野球 大阪桐蔭が2年ぶり4度目の優勝

印刷

   第96回全国高校野球選手権の決勝戦が2014年8月25日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われ、大阪桐蔭が三重を4‐3で破り、2年ぶりの優勝を果たした。

   三重は今井、大阪桐蔭は福島の両エースが先発登板。一進一退の攻防が続く中、7回裏に大阪桐蔭のキャプテン1番中村が逆転の2点タイムリーを打ち、勝負を決めた。

   大阪桐蔭の優勝は4度目。春のセンバツを合わせて5度目の全国制覇となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中