2019年 11月 12日 (火)

自動車販売、増税後の「底入れ」見えず トヨタなど5社が新車投入、テコ入れ図るが・・・

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自動車5社が2014年8月25、26日の2日間、一斉に新車を投入した。消費増税の影響が重くのしかかって販売が低迷しているだけに、各社とも反転の起爆剤にしようとテコ入れを図る作戦だ。

   しかし「前年より増えたはずのボーナスの効果が期待ほどではない」(自動車大手幹部)状況で、回復軌道が見えにくいのも実情だ。

富士重、トヨタ、ダイハツ、スズキ、ワーゲン

「新車投入」でテコ入れを試みるが…(画像はイメージ)
「新車投入」でテコ入れを試みるが…(画像はイメージ)

   富士重工業が8月25日に発売したのは、スポーツセダン「WRX」。7年ぶりに全面改良し、従来車の延長線上の「STI」に加え、日本向けの新シリーズ「S4」を導入した。「S4」には自動ブレーキで危険を回避する富士重独自の運転支援システム「アイサイト」を標準装備した。無段変速機の活用などで燃費は1リットル当たり13.2キロメートルと、同等の従来車より5割改善。本格的なスポーツカーとも言える「STI」より価格を1割以上抑えて334万円とし、顧客層の拡大を期待する。

   トヨタ自動車も同じ日、悪路走行にも適した4輪駆動車「ランドクルーザー70シリーズ」を発売した。国内では2004年に販売終了していたが、復活を望むファンの声に応えた。市街地では低燃費の2輪駆動、未舗装など悪路では4輪駆動という使い方もできる。

   一方、ダイハツ工業は8月26日に軽自動車「ミラココア」を一部改良して発売した。従来からユーザーのほとんどが女性とあって、女性客を意識。内外装デザインや色の組み合わせを160通り用意し、好みに応じて選んでもらう。

   軽自動車ではスズキも主力の「ワゴンR」の新型車を8月25日に発売した。燃費性能は軽ワゴン型ではトップとなる1リットル当たり32.4キロメートル。減速時に発電するリチウムイオン電池を搭載し、加速時のエンジンを補助するなどの仕組みを導入した。

   独フォルクスワーゲンの日本法人は8月25日、主力の小型車「ポロ」を約5年ぶりに一部改良して発売。初めて自動ブレーキを導入し標準装備としたほか、速度を自動調節して前の車との距離を保つ機能もオプションで搭載する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中