香港デモ 政府が対話応じると表明

印刷

   次期行政長官の選挙をめぐり学生らが街頭デモを行っている香港で、梁振英行政長官は2014年10月2日深夜に記者会見し、政府ナンバー2の林鄭月娥政務官ら高官が学生組織との対話に応じると発表した。

   対話姿勢を示すことで、行政長官官邸や政府本部庁舎の周囲での座り込みを続ける事態を打開する狙いがあるとみられる。要求された、自身の辞任については拒否している。

   両者が合意した対話の日程は具体的に決まっていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中