2019年 11月 21日 (木)

御嶽山噴火事故、なぜか木曽町に批判 「なぜ観光地として売り出した」「どう責任とるのか」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

御嶽山は信者が全国から集まる山岳信仰の地

   そうしたなか、追い討ちをかけるように木曽町観光協会には電話やメールで、「噴火するかもしれない火山とわかっていて、どうして観光地として売り出したのか」「どう責任をとるのか」といった批判が20~30件にのぼった。「きのう(10月5日)、きょうは止んでいます」と、同協会は話す。

   こうした問い合わせは木曽町役場にも寄せられているようだが、町役場は「さまざまなご意見はうかがっていますし、しっかり受けとめたいと考えていますが、内容は公開できません」と話す。

   また、御嶽山の登山口にあたり、ホームページで火山情報を提供している王滝村役場は、「今回の噴火は火山性微動などの予兆の情報がありませんでした。あれば(情報を)提供していますし、相応の対応もできます。何もしていないわけではないのに...」と、困惑ぎみだ。

   心ない批判にインターネットでは、

「誰が天災に責任とれるんだ。いいかげんにしろ。同じ日本人として恥ずかしいわ」
「気持ちはわからないでもないが怒りをぶつけるところが違う」
「いったい何様のつもりだ。以前から安全対策の虚弱性を指摘していたのならともかく、いきなり現れて訳わかんねーことぬかすな」

など、憤りの声が飛んでいる。

   また、

「富士山も登山禁止にするつもりか」
「死と隣合わせでなけりゃ信仰なんてされねぇよ。わかるだろ。日本人なら」

といった声があるように、そもそも御嶽山は「御嶽教」という山岳信仰の地で、信者が全国から集まる。

   木曽町観光協会は「数字は不明」としたうえで、「近年は高齢化で、訪れる信者は年々少なくなっていますが、いまでも熱心な信者の方が訪ねてきます。冬のあいだ里宮(王滝御嶽神社)に祭っている神様を、夏に奥宮(御嶽山頂)に移すので、多くの信者は夏(8月)に山頂をめざすんです」と、説明する。

   そういった信者らが支えてきた土地でもあるわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中