2018年 8月 21日 (火)

東宝が「アナと雪の女王」大ヒットで業績予想を上方修正

印刷

   映画会社の東宝は2015年2月期の連結業績予想を14年10月7日に上方修正した。営業収入は14年4月時点の予想よりも100億円多い1970億円、本業の儲けを示す営業利益は53億円多い303億円、純利益は41億円多い198億円になる見通しだ。

   要因として映画ではディズニーの「アナと雪の女王」の記録的大ヒットや、「テルマエ・ロマエII」、「STAND BY ME ドラえもん」、「思い出のマーニー」、「GODZILLA」などが好成績を挙げたこと。またミュージカル「レディ・ベス」のヒット、不動産事業では賃貸事業が堅調に推移したことなどを挙げている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中