2018年 11月 18日 (日)

ユニクロ売上高、1兆3829億円 過去最高を更新

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   カジュアル衣料の「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの2014年8月期連結決算(国際会計基準)は、海外事業の拡大を背景に売上高が前期比21.0%増の1兆3829億円と、過去最高を更新。11年連続の増収となった。2014年10月9日に発表した。ただ、営業利益は前年同期比2.8%減の1304億円、純利益が28.7%減の745億円と、増収減益となった。

   2012年に買収した米Jブランド社のジーンズ販売が振るわず、営業権など資産の価値を見直し、193億円の減損を計上した。

   国内のユニクロ事業は、「ヒートテック」や「エアリズム」などの機能性肌着が好調で、売上高は4.7%増の7156億円、営業利益は11.6%増の1063億円だった。

   柳井正会長兼社長は記者会見で、「国内のユニクロ事業は安定成長を維持し、海外は成長を加速させる。世界ナンバーワンブランドを目指す」と改めて強調した。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中