2018年 7月 22日 (日)

39歳スーパースター店長年収3700万 ユニクロ公表「年収早見表」がすごすぎる

印刷

   カジュアル衣料の「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの採用情報が、「斬新すぎる」などとインターネットで話題になっている。

   それには新入社員として店舗に配属されてから、店長、スター店長、リーダー、スーパースター店長、執行役員と、自分が何歳で、どのポストに就くと、およその年収がいくらになるかがわかる「年収早見表」が掲載されているのだ。

社員の「グレード」別の平均年収を公開!

ファーストリテイリングはグレード別の年収を公表している(画像は、ファーストリテイリングの採用ページ)
ファーストリテイリングはグレード別の年収を公表している(画像は、ファーストリテイリングの採用ページ)

   ユニクロのホームページにある新卒採用「グローバルリーダー社員」の募集要項には、「初任給 月21万円」「勤務時間 実働8時間」「完全週休2日制、年次有給休暇、特別・慶弔休暇」「昇給・賞与・諸手当 年2回(4月/10月)人事評価に応じて決定、加えて業績により決算賞与あり」などとある。

   どの企業でもみられる募集要項だが、「REAL DATA」をクリックすると、「店長育成と昇格率・退職率」や「留学生採用」「経営者育成(FRMIC)」「働く環境」などについて、詳しく説明がある。

   その一つの項目が、「給与・待遇の考え方」。目に飛び込んでくるのは、「年収のお知らせ」という大きな見出しとともに18段階に分かれている、社員の「グレード」別の平均年収の一覧表。文字どおり、給与水準が丸裸になっているようなのだ。

   「完全実力主義」を掲げるユニクロにあって、表によると、たとえば大学を卒業して22歳で店舗勤務のグレード「J‐1」からスタート、平均年収は394万6669円になる。そこから店長代理や店長を経て、28歳でスーパーバイザーに就いたとすると、グレードは「S‐5」で平均年収は818万7568円に上昇。さらに36歳で部長クラスに就くと、グレードは「M‐5」となり1737万円。39歳でスーパースター店長ともなると、グレードは「E‐3」となり平均年収は3709万2540円にもなる。さらに、執行役員クラスの最上位「K‐4」は、64歳で2億4000万円に達する(国内ファーストリテイリンググループ、2012年9月~2013年8月)。

   この表をみれば、たしかに「1億円役員」は実在するのだろうし、「1億円店長」も手が届きそうな存在であることが伝わってくる。

   ファーストリテイリングではこの一覧表をホームページのほか、新卒採用時に配る冊子に掲載したり、採用説明会のときにパネルにして展示したりしている。「あくまで採用情報のひとつとして開示しているだけなので、これだけ(年収ばかり)が取り上げられるのは...」と困惑しているが、「(採用時に)何事も隠さずに話をしていきたい」というメッセージであることを強調している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中