2022年 6月 25日 (土)

コーヒーが顔のシミを予防する? 皮膚の老化予防に役立つ理由

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

   「脂肪燃焼効果がある」「がんのリスクを減らす」など、コーヒーの健康効果が注目されている。そして、新たに美容面でもいい効果を及ぼすことがわかった。コーヒーが顔のシミを予防するというのだ。

コーヒーを飲む量が多い人はシミが少なかった

コーヒーにはポリフェノールが緑茶の約2倍も含まれている
コーヒーにはポリフェノールが緑茶の約2倍も含まれている

   ポリフェノールという物質は細胞がサビるのを防ぎ、肌の老化などのアンチエイジングに欠かせない。赤ワインに含まれる「アントシアニン」や、緑茶に含まれる「カテキン」などが有名だが、実は、コーヒーにもポリフェノールが豊富に含まれている。コーヒー1杯には、約200~300mgのポリフェノールが含まれるが、これは赤ワインと同程度、緑茶の約2倍にも相当する。

   ところで、私たちはポリフェノールをどの食品から摂取することが多いのだろうか? 2014年7月のInternational Journal of Dermatology誌で発表された研究では、「日本人が1日に摂るポリフェノールの約半分は、コーヒーから摂っている」としている。また、コーヒーを飲む量が多い人ほど、1日に摂るポリフェノールの量も増加傾向にある。

   さらに、研究は、健康で非喫煙の30~60歳の日本人女性131名を対象に、コーヒーを飲む量と顔のシミの関係について調べている。食事の内容や生活状況を調査するとともに、頬の水分量や、弾力性を測定し、デジタル写真を用いてシミの評価を行なった。その結果、「コーヒーを1日2杯以上飲む人は、紫外線による顔のシミが少なかった」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中