三陸鉄道、21年ぶり上半期黒字見通し

印刷

   岩手県沿岸を走る第三セクターの三陸鉄道(本社・宮古市)が2014年10月22日に開いた取締役会で、14年上半期(4~9月)の経常収支が6000万円超の黒字になる見通しが報告された。上半期が黒字になるのは1993年度以来21年ぶり。確定した4~8月期の経常収支は前年同期4267万円の赤字が5871万円の黒字に大幅に改善した。

   13年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台として人気が高まった上、震災学習列車などが好調で観光客が大幅に増えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中