2018年 9月 20日 (木)

潘国連総長、産経前支局長起訴に沈黙 米メディアが疑問視

印刷

   韓国出身の潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が産経新聞前ソウル支局長の起訴に沈黙を続けていると、米メディアなどで疑問の声が出ている。

   潘氏は、「報道の自由を擁護する」と発言してきたが、起訴について明確な立場を示していない。米メディアによると、このことについて、国連内部でも疑問の声が上がっているという。

   一方で、国連は、アフガニスタン政府が米ニューヨーク・タイムズ紙の記者を出国禁止にするなどしたことには、「記者を脅かす行為を懸念する」との声明を出している。藩氏が沈黙する理由については、「韓国の大統領を狙っていて、国内での評判を気にしている」との指摘も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中