2018年 7月 20日 (金)

絶対変更すべきiPhoneの「パスコード」 1位は恐ろしいほど単純な4ケタだった

印刷

   スマートフォンユーザーなら、盗難や紛失に備えてセキュリティ対策は万全にしておきたい。最初の砦となってくれるのが「画面ロック」だが、パスコードを設定するだけで安心しているのであれば注意が必要だ。

   事実、iPhoneの場合、かなりの人が驚くほど安直なパスコードを使用しているという調査結果がある。

最も使用されているのは「1234」

あなたは大丈夫?
あなたは大丈夫?

   画面ロックは一定時間操作しないと自動でスクリーンにロックがかかる機能だ。最近ではiPhone 5s以降導入された「Touch ID」(指紋認証)を使う人が増えてきているものの、未だ4ケタのパスコードを入力している人も少なくない。

   これが誰でも思いつくようなパスコードならあまり意味がない。しかし驚くことに、最も使用されているパスコードは「1234」だという調査結果が存在する。

   調査したのは米国のアプリ開発者、Daniel Amitay氏だ。自身が開発したアプリにユーザーのパスコードを匿名で記録するコードを組み込み、その情報をもとに画面ロックのパスコードを推測。20万件以上のサンプルから分析した「iPhoneで設定されがちなパスコードTOP10」をホームページで公表した。調査は2011年のものだが、今と大きな変わりはないだろう。

   トップ10は「1234」(8884件)を筆頭に、「0000」「2580」「1111」「5555」「5683」「0852」「2222」「1212」「1998」と続く。

トップ10だけで全体の約15%を占める

   「2580」「0852」はやや複雑に思えるが、これはキーパッドの真ん中の列に並ぶ数字であり、上から順、下から順に押すだけでいい。最も複雑そうに見える「5683」はキーパッドに書かれたアルファベットを「L」「O」「V」「E」の順で押したものだ。通常のパスワードでも「iloveyou」はポピュラーなものだという。

   トップ10だけでサンプル全体の約15%を占めたというから驚く。もし自分のパスコードがこの10種に含まれていたならば、すぐに変更すべきだろう。ちなみにiPhoneは設定画面で「簡単なパスコード」をオフにすると、アルファベットや記号を含めた長いパスワードを設定することができる(1文字から可能)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中