2019年 7月 17日 (水)

777代替の大型機「A350」試乗会 乗客から「機内が静か!」と驚きの声

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   日本航空(JAL)が大型旅客機ボーイング777型機の代替として導入を決めている仏エアバス社のA350 XWB型機が初めて日本に飛来し、2014年11月20日に関係者向けの試乗会が行われた。

   胴体に炭素やチタンといった最新鋭の素材を使ったり、英ロールス・ロイス社製の最新型エンジンを搭載したりして燃費が良くなったのが特徴。乗客からは、従来機よりも「音が静かになった」という感想も相次いだ。

燃費が777よりも25%、787よりも9%いい

JALは2019年からエアバスA350型機の導入を目指している
JALは2019年からエアバスA350型機の導入を目指している

   エアバスでは、A350 XWBの燃費はボーイング777と比べて25%優れており、A350-900の場合、長胴型の中型機ボーイング787-9型機と比べても9%燃費がいいと説明している。

   XWBは「エクストラ・ワイド・ボディ」の略で、従来のエアバス機よりも胴体の幅が広く、機内スペースにゆとりを持たせているのが特徴。A350 XWBは13年6月に初の試験飛行を終え、すでに世界39社が計750機を発注している。14年中にカタール航空に1号機が引き渡される見通しだ。

   JALは3タイプあるA350 XWBのうち、標準型のA350-900型機(315席)を18機、長胴型のA350-1000型機(369席)13機を確定発注。最大25機を追加購入できるオプション契約も結んだ。19年から導入を始め、6年程度かけて777をA350に置き換える。旧日本エアシステム(JAS)から引き継いだ機材を除くとJALがエアバス機を購入するのは初めて。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中