2019年 10月 18日 (金)

中国勢と米アップルに挟まれ苦境に スマホ不調のサムスン、再浮上はあるのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   韓国のサムスン電子が、スマホ事業の不振で役員を入れ替える見込みだと米紙が報じた。「GALAXY」シリーズで市場を席巻した巨大企業は、転機に立っているようだ。

   「サムスン電子、経営幹部の刷新を検討」。米大手経済紙のウォール・ストリート・ジャーナルは2014年11月23日付記事でこう大々的に報じた。

モバイル部門の役員を入れ替えると報じられる

かつて市場を席巻したが...
かつて市場を席巻したが...

   サムスンが10月30日に発表した7~9月期決算によると、4月に発売した新しいスマートフォン「GALAXY S5」の販売不振から、売上高が前年同期に比べて20%ほども減少した。本業の儲けを示す営業利益に至っては、前年同期比で60%も減っている。

   ウォール・ストリート・ジャーナルは記事で、GALAXY S5の販売は、目標を40%も下回っていたと報じた。旧モデルのGALAXY S4は、3か月で1600万台を販売したのに、S5は1200万台に留まったともいうのだ。

   関係者の話として、業績回復を図るために経営陣の大幅な刷新を検討しており、モバイル部門を率いる共同CEOの申宗均(シン・ジョンギュン)氏を部門から外し、CEOも解任する公算が大きいと報じた。そして、モバイル部門の後任は、家電担当で共同CEOの尹富根(ユン・ブクン)氏になる見込みだとした。

   スマホ事業が不振なのは、新興の中国勢による低価格攻勢に晒され、米アップル社が9月に発売した新しい「iPhone 6」にも押されているからだ。

   中国の小米(シャオミ)は、廉価版スマホで急速にシェアを伸ばしており、7~9月期には、サムソン、アップルに次ぐ3位にまで浮上した。報道によると、OSの進歩でスペックを同等レベルにできるようになったことが大きいらしい。また、iPhone 6は、GALAXYと同じような大画面になり、高価格帯でも売れるようになった。アメリカでは、7~9月期にアップルがサムソンのシェア首位を奪ったとの調査結果も報じられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中