2018年 12月 13日 (木)

テレ朝「朝生」で荻上チキさん、直前に出演中止 選挙前で「文化人・知識人枠」なしに

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   衆院選をテーマとしたテレビ朝日系の討論番組「朝まで生テレビ!」(2014年11月29日未明放送)で、出演予定だった評論家の荻上チキさんらパネリストが、局側の方針により急きょ出演とりやめになっていた。番組スタッフから出演を断わる電話が放送前日にあったと28日、荻上さんがツイッターで明かした。

   当初は各党議員と、文化人のゲスト数人という構成での議論を予定していたが、議員だけの出演に変更され、荻上さんらは番組に出られなくなった。その理由を「ゲストの質問によっては『中立・公平性』を担保できなくなるかもしれない、というのものだと聞きました。『ゲストが僕だから』というのものではなくて、『文化人・知識人枠』を入れることそのものを取りやめたそうです」と書いている。

   そのうえで、「議員の方はゲストの質問にも自由に答えられるので、応答の時間があれば問題ないのではなかとも思いますし、議員同士でないと『中立・公平性』の上で問題ありとなれば、討論番組の形式を縛ることになるとも思います」と疑問を投げかけた。

   同番組は過去、選挙前でも文化人が政治家に質問する形式で放送していたので、「なぜ今回だけ」という声がネットで噴出している。衆院選をめぐっては、自民党がテレビ局に対して、ゲスト出演者の選定やテーマ選び、発言回数や時間などについて、公平性を求める文書を渡していた。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中