2019年 1月 21日 (月)

「世界のトヨタ」が人気AV女優とコラボ 「英断」「快挙!」「第2の飯島愛か」の声

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   トヨタ自動車が運営するクルマ好きのためのポータルサイト「GAZOO.com」に、人気のアダルトビデオ(AV)女優が登場し、「第2の飯島愛か?」などと、インターネットで話題になっている。

   なにしろ「世界のトヨタ」と、ネガティブなイメージもあるAV女優の、思いもよらぬ組み合わせ。驚きとともに、賛否両論が飛び交っている。

「Fit」もいいけど、TOYOTAのFJクルーザーのような「イカツイクルマがタイプ」

「世界のトヨタ」が、人気AV女優の紗倉まなさんを起用!(画像は、GAZOO.comの連載コラム「紗倉まなのクルマと私のイイ関係」)
「世界のトヨタ」が、人気AV女優の紗倉まなさんを起用!(画像は、GAZOO.comの連載コラム「紗倉まなのクルマと私のイイ関係」)

   トヨタの「GAZOO.com」に登場したのは、人気AV女優の紗倉まなさん(21)。高等専門学校の土木科出身という理系女子で、趣味は工場ウオッチング。アイドル的なルックスで大人気となり、2013年にAVスカパー! アダルト放送大賞の新人女優賞とFLASH賞を受賞。14年初めにはTBS系の深夜ドラマ「闇金ウシジマくん Season2」に出演するなど、AV以外の女優業でも活躍。複数のコラムを連載し、絵を描くという多彩な才能の持ち主でもあるようだ。

   そんな紗倉さんが「GAZOO.com」で、「紗倉まなの クルマと私のイイ関係」(2014年9月19日~10月31日、4回連載)を執筆。自身とクルマとの関わりについて語った。

   高専時代から化粧や洋服よりもバイクとクルマに興味があった、というほどのクルマ好き。コラムでは「18歳になって免許を取り、始めに乗った車が、両親も愛用していた青色のFitでした。燃費もいいし、運転もしやすい快適な車でしたが、それでも私の中ではちょっとした不満が......。というのも、私が好きなのはごつごつした『四駆車』なのです」と明かし、「たとえばディフェンダー、CR-V、TOYOTAのFJクルーザーのような、華奢でポップなクルマとは縁遠い『イカツイクルマ』がタイプ」とも書いている。

   「ひとりドライブのすゝめ」や「理想のドライブデート」などの内容は、彼女のファンならずとも若者の心をくすぐる。

   とはいえ、世間体を気にしてイメージづくりには神経をすり減らしている上場企業が、ネガティブなイメージがあるAV女優を起用したケースは異例だろう。

   紗倉さんの起用について、トヨタは「紗倉さんはいわゆる理系女子で、クルマ好き、ドライブ好きで知られ、その点がクルマ好きが集まるGAZOOにマッチしています。また、執筆活動やテレビ番組への出演などタレントとしての活動も幅広く、そういったバックグラウンドのある方ですから、クルマファンとしてトライアルでコラムの執筆をお願いしました」と説明する。

   AV女優であることは気にならなかったのか、聞くと「クルマ好きのタレントとして選んだので、特定の職業にとらわれることはありませんし、とくに気になりませんでした」と話す。

「そもそも、ふつうの人はAV女優に詳しくない...」

   紗倉まなさんの「Gazoo.com」での連載コラムはすでに終了しているが、トヨタは「通常の記事よりもアクセス数も多く、注目されていたようです」と話し、今後についても「引き続き起用を検討しています」という。

   これまで3000本のアダルトビデオを撮ってきたAV監督、村西とおる氏は自身のツイッター(2014年10月17日付)で、

「隔世の感があります」

とつぶやき、トヨタと紗倉さんのコラボレーションを歓迎した。

   インターネットでは、「画期的」「英断」「快挙!」などと、紗倉さんを起用したトヨタの度量の大きさを称える声がある一方で、

「そもそも、ふつうの人はそんなにAV女優に詳しくないので気にしないのでは...」

といった声や、

「こんなん許してるとホントにユーザーが消えるぞ」

といった批判的な声もあがっている。

   12月2日付のAll Aboutによると、過去に元AV女優でゴールデンタイムに安定的に進出できたのは、「故飯島愛さん(享年36)だけではないか」と指摘。AVへの偏見の目は未だにあり、まだまだ世間に受け入れられたとは言いがたい、としている。

   紗倉さんが「第2の飯島愛」に育っていくのか、注目される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中