2018年 9月 19日 (水)

マツダ、全米で調査リコール ホンダは国内で タカタ製エアバッグ問題

印刷

   マツダは2014年12月9日、タカタ製エアバッグを運転席に搭載した車両を、全米規模で調査リコール(回収・無償修理)する方針を固めた。これまでは地域を限定して約8万7000台の調査リコールを実施していた。規模拡大による台数は精査中だが、合計で約33万台にのぼる可能性があるという。全米でのリコールは、ホンダに続く動き。

   対象は、「マツダ6(日本名アテンザ)」や「RX‐8」。車両所有者の安全確保や、不具合の原因追究を急ぐ。エアバッグが不具合を起こす原因はわかっていないが、安全性を確保するためにメーカーが自主的に回収する。

   また、ホンダは同日、日本国内での調査リコールについて、「日本では不具合は確認されていないが、お客様の安心を最優先し、自主的に全品回収調査を行う」と発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中