2018年 11月 19日 (月)

ソニー平井社長「メール流出」の報道 金正恩「暗殺映画」に自らゴーサイン?

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)に何者かがサイバー攻撃を仕掛け、大量の重要情報が漏えいした。経済ニュースメディアのブルームバーグによると、ソニー社長の平井一夫氏のメールまで流出したというのだ。

   今回の不正アクセスは、背後に北朝鮮の影がちらつく。SPEが「金正恩第1書記暗殺」をテーマにした映画を製作したことへの報復とも言われているが、平井氏はこの映画についてメールで指示を出していたようだ。

「金正恩第1書記死亡」の場面で修正を要求したか

不正アクセスによる影響は続く(写真はイメージ)
不正アクセスによる影響は続く(写真はイメージ)

   SPEがサイバー攻撃を受け、コンピューターシステムがダウンしたのは2014年11月24日。以後も影響は続き、12月11日現在でSPE日本法人のウェブサイトには、グローバルネットワークでの障害とメール不通に関するおわび文が掲載されている。同社広報に聞くと「原因を調査中」とだけ話した。全面復旧は未定だ。

   犯行声明を出したのは「GOP」(平和の守護者)を名乗るハッカー。盗み出したSPEの情報をインターネット上のファイル共有サイトで公開した。12月11日付のブルームバーグは、この中にSPEの役員を含む約6700人の報酬に関する情報と、ソニーの平井社長のメールが含まれていたと報じた。事実かどうかを確認するため、SPE日本法人とソニー本社に電話で取材を試みたが、「コメントは控えます」との反応だった。

   記事によると平井氏のメールには、公開間近のハリウッド映画「ザ・インタビュー」に関するものもあったという。北朝鮮をやゆしたコメディー映画で、人気ゴシップ番組を手掛ける2人の男性が、米中央情報局(CIA)から金正恩第1書記の暗殺指令を受け平壌に乗り込むというものだ。奇想天外な筋書きだが、実名で「暗殺」というのは穏やかではない。だが平井氏はSPEのエイミー・パスカル共同会長に宛てて、「第1書記が死亡する場面を描いた編集済みのシーンについて意見を述べ、最終的にゴーサインを出したとされる」とブルームバーグは報じた。ロイター通信は、平井氏が第1書記死亡シーンについて修正を要求したが、パスカル氏は「製作サイドから反対があったと返答した」と伝えている。

   GOPはソニーへの攻撃を行った後に、「地域の平和を乱し、戦争の引き金となるテロリズム映画の公開を即刻止めよ」とソニーに要求する声明をネット上で発表。作品名は出していないが「ザ・インタビュー」を指すのは明らかだろう。北朝鮮は、SPEへのサイバー攻撃を否定している。

主演俳優は「ジョーク画像」 で笑いをとったが...

   外部からの不正アクセスによる漏えいは、ソニーにとって嫌な記憶を呼び起こさせるだろう。2011年、オンラインサービス「プレイステーション・ネットワーク」などがサイバー攻撃を受けて利用者情報が流出し、およそ7700万人が被害に遭った。プレイステーション・ネットワークはつい最近もアクセス障害が発生し、攻撃を受けた可能性が指摘されている。2014年5月にはソニーマーケティングが、直販サイトで使用できる「ソニーポイント」の会員サイトに不正ログインがあったと発表、なりすましによるポイント交換の被害を明らかにした。グループ各社でしばしばこのようにセキュリティーが破られるようでは、ソニーの情報管理の甘さを疑われ、ネットワークへの信用も損なうことになりはしないか。

   今回のSPEに対するサイバー攻撃も、発生から2週間以上が経過しながら今も障害が続いており今後に不安を残す。有効な防御策が講じられていないとしたら、再び会社の極秘情報が表に出ないとも限らない。

   「ザ・インタビュー」に出演した2人の俳優は、米国の人気バラエティー番組「サタデーナイトライブ」12月6日放送分に出演し、SPEに対する不正アクセス問題について「我々も大事な画像が流出した」と言いつつ、わざと撮影した2人の裸の「ジョーク画像」を見せて観客を笑わせた。2人にとっては格好の「おいしいネタ」になったようだが、ソニーとしては冗談で済む問題であるはずもなく、深刻な状況がしばらく続きそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中