2019年 7月 22日 (月)

「ファミマ」ドリンク引換券を大量不正取得 高校生がチーム作り、「タダで飲むのはウマい」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   コンビニチェーン「ファミリーマート」の商品引換券を埼玉県の男子高校生がネットを使って不正に入手し、大量の商品を入手したと騒ぎになっている。

   パソコンソフトを使って大量のツイッターアカウントを作成し、これで「ファミマ」のプレゼントに応募し、当選させたらしい。関わっている高校生は二十数人ほどいると見られ、罪の意識は低く「イベント」として楽しんでいる様子がうかがえる。

パソコンソフトで1分間に500ものペースでツイッターアカウントを作成

「俺はいったい何が楽しくてこんなことをしているのだろう」(画像はイメージ)
「俺はいったい何が楽しくてこんなことをしているのだろう」(画像はイメージ)

   高校生たちが不正を働いたのは2014年12月2日から15年1月5日までの「ウルトラエナジーチャージキャンペーン」で合計120万枚のドリンク剤引換券が当たるというものだった。ツイッターやフェイスブックのアカウントを使って1日1回応募することができ、当たった場合は引き換えコードが現れ、そのコードをファミマの店舗内にある端末に打ち込めば無料引換券が出てくる。

   商品と一緒に引換券をカウンターに出すと30種類ほどのドリンクの中から1本貰える。ただし、もらえるのは週に1本だけ。ファミマは応募規約に複数アカウントの所持を禁じると書いている。

   高校生のツイッターによればパソコン用のソフトで1分間に500ものペースでツイッターアカウントを作成し、そのアカウントを使って応募したと明かしている。「犯行」に関わった高校生は複数いて、ある高校生は、

「うちのクラスの男子半分くらいで構成されたチームモンスターエナジーで交換本数3000本目指します」
「当選コード取得班に4人 コード引き換え班に20人 レシートと商品引き換えに商品発注まかされてるファミマ店員1人いるからレシート発券がまったくネックにならなくなりました」

などとツイッターに書いており、組織的に動いていたことが分かる。

   高校生らは、悪びれる様子はなく「イベント」として楽しんでいる感じだ。戦利品となったドリンクの写真をツイッターにアップし、

「イヤ~~~~朝からタダで飲むモンエナはウマいなぁ~~~~~~~~」
「今日もエナジードリンク9本当ててきました」
「くれぐれも交換しすぎてファミマ出禁にならないように!お互い頑張りましょう」

などとつぶやいている。ただし、抽選だから必ず当たりが出るわけではないし、アカウントは4000ほど作ったがそれを管理し応募することはかなりしんどい、とも書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中