2021年 1月 17日 (日)

日本政府の竹島動画に韓国大反発 「重大な挑発」と公開中止求める

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   2015年は日韓国交正常化50周年にあたる。だが、新年早々島根県の竹島(韓国名・独島)をめぐる問題が火種になりそうだ。日本政府がユーチューブに公開した動画を韓国側が「重大な挑発」だとして、日本側に抗議をしているためだ。

   動画は、竹島の自然をテーマにした絵本の作者がその内容を読み聞かせるという内容。大半が穏やかな内容だが、小学生を対象にしている点を韓国側が警戒したのか、「とんでもない領有権主張を含んでいる」と反発している。

小学生に「夏休みの自由研究にもなるよ!」とアピール

動画には小学生を対象に絵本を「読み聞かせ」する様子が収録されている
動画には小学生を対象に絵本を「読み聞かせ」する様子が収録されている

   聯合ニュースやSBSテレビによると、韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は1月6日の定例会見で、

「韓日国交正常化50周年を迎える時期に、日本政府が私たちの固有の領土である独島について、とんでもない領有権主張を含んだ動画を公開することで重大な挑発をした。これを即刻中断することを厳重に促す」

と述べ、動画の公開中止を求めた。1月5日には日本大使館関係者を呼んで抗議したという。

   韓国側が問題視している動画は日本政府の内閣官房「領土・主権対策企画調整室」が制作し、2014年12月24日にユーチューブにアップロードされた。翌12月25日にはウェブサイトからもリンクされた。動画の長さは約17分。竹島にいたニホンアシカと、島根県の隠岐島民の交流を描いた絵本「メチのいた島―語り伝える恵み豊かな島 竹島」(山陰中央新報社)を、作者の杉原由美子さんが小学生に向けて読み聞かせるという内容だ。

   島根県の「竹島資料室」では、夏休み期間に杉原さんによる「絵本を読む会」を開催。小学生が対象で、募集チラシでは「夏休みの自由研究にもなるよ!」とうたっていた。こういった読み聞かせを動画に収録したようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中